相続人には種類がありそれぞれ違います

同じようで同じでないのは、法定相続人と、推定相続人です。

相続人とは、誰かが亡くなった時に遺産を相続する人の事を指します。
その相続人には法定相続人と、推定相続人の種類があります。

“相続人には種類がありそれぞれ違います”の詳細は »

戸籍謄本と戸籍抄本の違いを理解する

戸籍には種類がありますが、手続きをする内容や使用目的により必要なものが異なります

戸籍に関する証明にはは戸籍謄本と戸籍抄本という種類が
あります。

“戸籍謄本と戸籍抄本の違いを理解する”の詳細は »

公正証書遺言作成時の証人を誰に頼むか

証人は身内に頼むことができませんが、公証役場で紹介してもうことができます。

公正証書遺言や秘密証書遺言を作成するにあたっては証人が必要です。
これは民法の969条により決められています。


“公正証書遺言作成時の証人を誰に頼むか”の詳細は »

家督相続の制度とはどのようなものだったのか

旧民法では家督相続制度があったので、被相続人の死亡時期によっては相続方法が異なります。

相続の制度はこれまでにいくつかの変更をを経て現在の形式となっています。
中でも大きな変更は昭和22年の大改正です。
この時に従来の相続の方法であった家督相続制度が廃止となりました。

“家督相続の制度とはどのようなものだったのか”の詳細は »

遺言執行者とはどのような人か知っていますか

相続争いを避けるには遺言で遺言執行者を指定し、処理を任せるのが安心です。

遺言書の中に相続人と利益が相反する内容の指定があったとき、
相続人には処理しにくいということがあります。
そのような場合相続人に遺言を執行させることは不適切ですから
遺言執行者が必要です。
“遺言執行者とはどのような人か知っていますか”の詳細は »

遺産分割にはいくつかの方法があります

それぞれの遺産分割の方法と特徴を知ることでベストな選択ができます

全ての遺産が現金や預貯金であれば遺産分割案に即した金額に
相続人間で分けることができますが、実際には多くの場合不動産や
有価証券なども合わせた財産であることが多いです。
“遺産分割にはいくつかの方法があります”の詳細は »

3人に1人は相続に対する不安を抱えているそうです

節税対策のための生前贈与は争いを防ぐためにも贈与と遺言書をセットにするのが良いでしょう。

税制改正により税金がかかる人が多くなります。

具体的には、基礎控除が60%に減額されます。
では、今やれることは何か?

“3人に1人は相続に対する不安を抱えているそうです”の詳細は »

相続において遺言ができる年齢と成年被後見人

相続における遺言の方式は、『普通方式』と『特別方式』の二つ分けられます。

遺言ができる年齢は満15歳以上と決まっています(民法961条)。

満15歳以上であれば、親の同意なども必要なく、単独で遺言をすることができます。

成年被後見人であっても、弁識する能力が一時回復したときは、
2人以上の医師の立会があれば遺言をすることができます
(民法973条1項)。
“相続において遺言ができる年齢と成年被後見人”の詳細は »

相続における寄与分と特別受益の計算についての制度

財産の維持や増加に特別に貢献した相続人がいるとされれば『貢献』の度合いに応じて法定相続分とは別に財産を貰えることがあります。

亡くなった人の事業を手伝っていたり、経済的な援助をしていたり
病気の看護をしたり。
財産の維持や増加に特別に貢献した相続人がいるとされれば『貢献』の
度合いに応じて法定相続分とは別に財産を貰えることがあります。
“相続における寄与分と特別受益の計算についての制度”の詳細は »

相続手続き時家庭裁判所に審議してもらう

遺言もなく、相続人全員の話し合いでも決着がつかない場合家庭裁判所に調停や審議の申し立てをすることになります。

遺言もなく、相続人全員の話し合いでも決着がつかない場合家庭裁判所に調停や審議の申し立てをすることになります。この手続きにより家庭裁判所に財産の分割をしてもらうわけです。
“相続手続き時家庭裁判所に審議してもらう”の詳細は »

« 過去の記事